【Topics】
トップページ > 国高Q&A

◆国高Q&A◆

Q1 進学指導重点校とはどのような学校ですか?

 進学指導重点校とは、東京都教育委員会から指定され、進学指導の充実を図り進学実績の向上を重点においた都立高等学校のことです。国高は2003年に指定されました。現在は全都で7校が進学指導重点校に指定されています。


Q2 学習活動の特徴は何ですか?

 2年生までは、選択科目は「芸術」だけで、全員が同じ教科・科目を学習します。偏りがなくバランスのとれた生徒の育成を目指しているからです。さらに大多数を占める『難関大学進学希望者』のニーズに応えられるように、3年生では進路に応じて選べる『選択科目』が豊富に準備されています。国高は、日々の学習指導や進路指導等を受けていけば、 十分に自分の目指す進路実現が図れる学校といえます。  また、本校は「二期制(前後期制)」を採用しており、年間の定期考査は4回になります。さらに、年間20回の土曜授業も実施しています。これらのことで授業時数を確保しながら、放課後の部活動・生徒会活動の時間も保障することが可能になっています。  授業以外では、夏期講習をはじめとした講習・補講の充実があげられます。生徒は自分の進路希望等にあわせて受講し、効率のよい学習を実現しています。


Q3 盛んな学校行事は何ですか?

 最も盛り上がるのは、「国高祭」です。これは文化祭・体育祭・後夜祭を併せた総称で、毎年9月上旬に行われています。文化祭と体育祭は一般公開をしています。来場者数は毎年1万人を超えています。  国高祭以外の学校行事では、4月に『たましんRISURUホール』を1日借り切って行われる『新入生歓迎祭』、プロのオーケストラ、ソリストと共にベートーベンの交響曲第9番を演奏し、ドイツ語で合唱する『第九演奏会』、5月のクラス対抗の『クラスマッチ』(球技大会)などがあります。どの行事にも国高生は全力で取り組んでいます。


Q4 文化祭で3年生の演劇が素晴らしいと聞きましたが見ることはできますか?

 文化祭の3年演劇は、作りこまれた外装・内装など、その完成度の高さから、観劇希望者が多数となるため、毎年抽選を行っています。中学生向けには『中学生枠』も準備しています。ぜひご参加ください。抽選方法などはホームページにも掲載されますのでご確認ください。


Q5 国高に入りたいのですが、学校見学会、学校説明会、入試結果報告会、自校作成問題説明会、四つとも
   参加した方が良いでしょうか?

 必ずしも、すべてに参加する必要はありません。それぞれ特徴がありますので必要に応じて参加をしてください。  『学校見学会』は、夏休みに行われ、学校からの簡単な説明と生徒の案内による施設見学が行われます。見学会終了後には、生徒会役員に国高のことや受検の準備のことを質問することもできます。  『学校説明会』は年に2回行われます。見学会より詳しい説明が受けられます。なお2回の内容は同じですので、2回参加する必要はありません。
 『入試結果報告会』は、2月に行われたばかりの入学者選抜の結果についての話が中心になります。自校作成問題説明会は、自校作成問題解説と受検勉強の方法についての話があります。2回の内容は同じですので2回参加する必要はありません。なお入試結果報告会と自校作成問題説明会に参加できるのは、中学3年生本人のみです。
 4つとも事前予約制になります。予約方法は本校ホームページに掲載されます。


Q6 小学生の保護者ですけど、将来のことも考え、学校見学会に行こうと思っていますが参加可能ですか?

 参加できます。なお『小学生保護者対象の学校紹介』も8月に行われます。小学生本人には、理科の実験や運動体験等の参加メニューも準備しています(参加対象は小学4~6年生。保護者同伴)。事前予約制になりますが、ぜひご活用ください。


Q7 国高の授業を見学することはできますか?

 1、2年生の授業を見学できる『授業公開』が用意されています。  申し込みは不要です。詳細はホームページに掲載されますので、ご参照ください。


Q8 卒業後の進路はどうなっていますか?

 ほぼ全ての生徒が四年制大学に進学します。また、国公立大学進学希望の生徒が多く、ほぼ毎年現役で100名以上の生徒が国公立大学に合格しています。


Q9 部活動は盛んですか?

 ほとんどの生徒が部活動に参加しています。運動部と文化部の兼部をしている生徒も多く、加入率は100%を超えています。学校としても、できる限り放課後の活動時間が確保できるように7時間目の授業を置かないなど、勉強も部活動もがんばる生徒を全面的にバックアップしています。


Q10 サポートティーチャーとは何ですか?

 国高後援会支援事業のひとつ。国高卒の大学生・大学院生の先輩が定期考査前に学習相談に乗ってくれるというものです。教科の質問から勉強の方法、進路相談など、毎回多数の生徒が利用しています。


Q11 『自習室』について教えて下さい。

 本校には生徒が自由に自学自習できる『自習室』があります。主に受験生となる3年生中心に多くの生徒が活用しています。6月下旬から2月の期間では、利用時間の延長(月~金 17:45~19:45)も行っています。