【Topics】
トップページ > 進路ガイダンス

◆高校1年生対象キャリアガイダンスが行われました◆

2019.06.12(水) 高校1年生対象キャリアガイダンスを開催しました。

 高校1年生対象にキャリアガイダンスを行いました。今回は、東京大学に進学した本校の卒業生のお二人が、在校生に向けて説明をしてくれました。
 実際の学校生活を知っているからこそできる先輩のアドバイスは、在校生にとって非常に有益で分かりやすい説明でした。先輩と後輩へのつながりは本校の大きな強みです。現在の在校生も未来の国高生にその経験や意志を引き継げることを期待しています。

◆高校2年生対象キャリアガイダンスが行われました◆

2019.06.05(水) 高校2年生対象キャリアガイダンスを開催しました。

 本校進路指導部主任西田より、高校2年生対象にキャリアガイダンスを行いました。
 進路に関するアンケートの結果を通して、勉強時間を増やすことが大事であることや、志望校に対してしっかりと意識を高めていくことが必要であることが説明されました。また、特筆すべきはスマートフォンの使用時間のデータで、1学年時と現在の2学年時の推移を見ると、全体的に大きく増加していました。もちろん、スマートフォンは便利な道具ですが、しっかりと各自がコントロールしながら使用することが不可欠です。
なるべく早い段階から好成績を維持できるように、今から努力を続けていきましょう。

◆東大ガイダンスが行われました◆

2019.06.03(月) 東大ガイダンスを開催しました。

 河合塾の青木氏をお招きして、全学年対象の東京大学のガイダンスを行いました。全学年合わせて24人の参加となりました。
まずは、東京大学の魅力についてお話いただき、その後、合格には具体的に何が必要かを説明していただきました。模試の結果の振り返りに関しては、周りのみんなができている問題ができることがまず重要で、そこで自分だけができていない状況は危険だということでした。覚える作業も大切ですが、それを思い出す作業も忘れないように、というアドバイスもありました。
 志を高くもち、自分の第一志望校に向けて着実に準備を進めていきましょう。

◆医学部ガイダンスが行われました◆

2019.05.30(木) 全学年対象に医学部ガイダンスを開催しました。

駿台立川校の吉井氏をお招きして、全学年対象の医学部入試ガイダンスを行っていただきました。全体で17人の参加となりました。
 近年における各大学の医学部の受験人口や定員の推移をはじめとして、医学部志望者に必要な情報を細かく説明していただきました。医学部入試が難関といわれる要因として、「センター試験で、90%を目安とした高得点率が要求される」という具体的な説明もあり、その目標に向けて今から計画を立てて対策を練ることが重要となります。
 また、医学部受験者の合格者と不合格者の模試の平均偏差値について、高1から高2、そして高3となるにつれてその差が段々と大きくなっているというデータもありました。得意教科はさらに伸ばしていき、不得意教科は早めの対策をしていきましょう。

◆高校3年生対象にキャリアガイダンスが行われました

2019.5.15(水) 高校3年生対象にキャリアガイダンスを開催しました。

 河合塾立川校校舎長の最上氏をお招きし、高校3年生対象に入試に向けてのガイダンスを行っていただきました。学習面だけでなく、部活動や行事にも意欲的に取り組んでいる生徒が多い本校だからこそ、これからどのような意識で臨まなくてはならないかをお話していただきました。とにかく基礎を固め、直前期に成績が伸びるような準備をしておくことが大切であるとのことでした。
 もちろん、国高生活最後の文化祭や体育祭が待っています。是非、それぞれに全力で取り組めるように今から計画的に日々を送っていきましょう。